· 

人前で話すとき緊張しない3つの方法

 

講師として登壇するとき緊張しませんか?

緊張を無理に抑え込むのではなく、緊張を上手に活用し講師として堂々とした態度で話せる方法をお伝えします。

 

<目次>

 

1.研修冒頭で緊張しない3つの方法
 1-1 どこを見るのか決める
 1-2 視線を一旦外す
 1-3 否定的な内部対話をやめる
2.緊張するとパフォーマンスは低下するのか
3. なぜ人前で緊張するのか?
4.まとめ

 

 

 

1. 研修冒頭で緊張しない3つの方法

 

研修の最初と最後は人の記憶に残りやすく、成果をあげるためには大変重要な時間です。初頭効果と親近効果といわれています。

(初頭効果はポーランドの心理学者ソロモン・E・アッシュが1946年に、親近効果はアメリカの心理学者ノーマン・H・アンダーソンが1976年に提唱)

 

講師の「ありよう」や「ステイト」(心身の状態)は、意図せずとも参加者に伝わります。ですから、講師は過度な緊張をプロとしてコントロールする必要があるのです。

 

そうは言っても緊張するものは抑えられないものです。

 

参加者に目を向けてみましょう。

 

研修内容や参加者の状態にもよりますが、「今日は何をやらされるのだろう」「恥をかきたくない」とドキドキして参加している人は多いはずです。過度の緊張は学びを阻害します。

  

参加者がリラックスし知的好奇心をもち学びを深めるためには、参加者の緊張をほぐすことが求められます。参加者を巻き込みながら自分自身の緊張も和らげられれば一石二鳥です。

 

 

 

1-1 どこを見るのか決める

 

一つ目の方法は、「どこを見るのか決める」です。

 

「ウォーリーを探せ」ならぬ「うなずき君を探せ」と言い換えると分かりやすいでしょう。

 

参加者に見られると思うのではなく、こちらから目配りをすることで好意的に聞いているなと思える方は探さなくても自然に見つかります。

 

組織や上司に強制され参加し、否定的・批判的なマインドのまま研修がスタートすることがあります。そのような中でも、何かを学びとろうと好意を示す方は必ずいるものです。不思議ですが必ず一人はいらっしゃいます。

 

うなずいたり笑顔で聴いてくれたりする方に目を向けて話しましょう。

聞いてくれている様子が分かるとグッと落ち着いてきます。

 

 

1-2 視線を一旦外す

 

二つ目の方法は、「視線を一旦外す」です。講師が参加者を見ないようにするのではなく、相手に自然に視線を外してもらいます。

 

例えば、「本日使う資料を確認します」や「テキストに名前を記入しておきましょう」などと言えば参加者の視線は机の上に移ります。

ほんの数十秒かもしれませんが、大勢の視線から解放されてホッとできます。

 

視線という観点から、「演台を活用する」のも緊張を和らげる方法の一つです。

下半身が隠れていることで、参加者からの視線が集中するのを避けることができます。

 

世界の著名人の講演を配信しているTEDに登場する人やスティーブ・ジョブズなどが行うプレゼンテーションでは、演台はなく全身を見せています。演台は聞き手との物理的・心理的な壁になりうることもあります。百戦錬磨の達人であれば演台は使わない方が一体感を演出するのに効果的と言えるかもしれません。

 

講師としての一歩を踏み出したばかりであれば、緊張感を少しでも和らげ、パフォーマンスを高めるために上手に演台を活用するのは戦略の一つです。

 

 

1-3 否定的な内部対話をやめる

 

3つ目の方法は、「否定的な内部対話をやめる」ことです。

 

自分自身に対する「内なる声」、何気なく心の中でささやく独り言のような対話を内部対話といいます。

 

「この表現良くなかったかも?」

「面白くないと思われたか」

「やっぱり自分はダメだ」

 

と話している途中で自分を評価・批判する言葉が頭の中を巡ることはありませんか。

 

研修冒頭でこのように自己批判してしまうと、自ら緊張感を作り出すことになります。さらに、この状態が長く続くとパニック状態に陥ってしまいます。

 

もし、批判的な言葉が聞こえてきたら、それらの言葉の代わりに

「ワクワクしてきた」

「真剣に取り組んでいるな」

「良い研修になりそうだ」

 

と頭の中で言い換えてみましょう。 

 

 

 

2. 緊張するとパフォーマンスは低下するのか

 

スポーツの世界では、「緊張状態をどう対処するか」は成果を上げるためには重要な要素です。

 

国立科学スポーツセンターのサイトでは、

緊張が高すぎると力みや焦り、

注意散漫につながり、

反対に緊張が弱過ぎるとぼーっとしたり、

集中できなくなったり、

すると述べています。

https://www.jpnsport.go.jp/jiss/tabid/1297/Default.aspx

 

つまり、程よい緊張は高いパフォーマンスをあげるためには必要であり、集中するためにはなくてはならないといえます。

 

人前で話す際も同様に、緊張は「悪」「排除すべき」ではなく、パフォーマンスを高めるために欠かせないのです。

 

「上手くやりたい」「成果をあげたい」という想いが強ければ強いほど緊張感は高まります。

 

逆に考えるとそれだけ真剣に研修に向き合っているということです。

まずは、そんな自分を認めることが大切です。それができるだけでも緊張は緩んでいきます。

 

毎月1回行うような研修では、過去の成功体験があり口慣れてきて緊張はほとんどしません。

研修時の様々なトラブルは、パンパンに緊張したときよりもこうした慣れた研修の時の方が高い確率で発生するように思います。講師の気の緩みが引き起こすのかもしれません。

 

 

 

 3. なぜ人前で緊張するのか?

 

緊張さえしなければもっと良いパフォーマンスができるのにと思いませんか。

それなのにどうして緊張してしまうのでしょう。

 

私たちの身体には24時間常に働く自律神経があり、緊張状態や昼の活動時は交感神経が高まります。

ゆったりしている時や夜になると副交感神経が優位になります。

 

人前で話すというストレスが加わると神経伝達物質のノルアドレナリンが分泌され、呼吸が早くなったり、血圧が上昇したり、ドキドキしたり、震えたりします。

このようにして緊張という状態になります。

 

Domaniというファッション雑誌が3045歳の日本全国の有職既婚女性を対象に行ったアンケートの
「あなたは人前で話すことが得意ですか?」の問いに対して

 

人前で話すのが「得意な人」は7.4

「まぁまぁ得意な人」は18.2

「そんなに得意ではない人」は28.1

「全く得意でない人」は46.2

という結果です。

 

すなわち、

74.3%の人は人前で話すことを「得意ではない」と感じています。

 

講師を職業にしようとする方は人前で話すのは比較的得意かもしれません。

しかし講師は、ただ話すだけではなく行動変容を促し研修の目的を達成しなくてはなりませんので、緊張感はより高まります。

 

「山口さん(筆者)は講師歴が長いから緊張はしないですよね」と聞かれることがあります。

 

「いえいえ、とても緊張します」

 

20年もこの仕事を続けていながら「人前で話す仕事は向いていなのではないか」と思うことさえあります。

私の場合、緊張すると胸やお腹の辺りが苦しくなります。

 

特に新企画の研修初日は、「本当にこの内容でご満足いただけるのか」と今さら考えても仕方がないことや

「なんとか上手くやろう」などと気負う気持ちが湧いてきたりします。

 

人前で話すことへの苦手意識

未知のことに対する不安感

実力以上に「上手くやろう」という気負い

 

このようなことが起因しています。

 

過度な緊張状態というのは、ノルアドレナリンを分泌するという身体の反応を、自分自身の思考によりわざわざ増幅させている場合が多いのです。

 

 

4. まとめ

 

適度な緊張は講師として人前で話す際には必要です。

研修冒頭で緊張しない3つの方法は、意識さえすれば直ぐに誰にでもできます。

講師のステイト(心身の状態)を整えて、参加者の学びに貢献しましょう!

 

1)どこを見るのか決める 

  「うなずき君を探せ!」

 

2)視線を一旦外す    

  本日使う資料を確認します

 

3)否定的な内部対話をやめる 

  「良い研修になりそうだと言い換える

 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。